« 気になるあの人の通信簿。 | トップページ | 北京五輪開会式にひとり突っ込み。 »

2008年8月 6日 (水)

私の中の究極の純愛の姿。

昨日の横浜はスコールみたいな局地的な豪雨!雷まで鳴ってましたthunder

仕事終わる頃には雨はあがってたけど、お蔭でプニは部屋でひとりで不安な時を過ごしてたようです。可哀想ですcrying

雷怖かったでしょう・・weep

Dscf2301_640

昨日、ちょっと悲しくなるニュースが一つ。

「松本サリン事件」で、犯人扱いされてしまった河野義行さんの奥さんが、事件から14年も意識が戻らず、とうとう昨日亡くなったそうです。

ニュースには河野さんが奥さんの乗った車椅子を押しながら、奥さんが元気な頃によく一緒に散歩に来てたっていう河原にいる映像が映し出されました。

それを見てて、ちょっと不謹慎かもしれませんが14年くらい前のこの世果てというドラマを思い出しました。

見てたかなぁ・・尾崎豊さんの「Oh、My、Little Garl」がオープニングに流れてた野島伸司さんのドラマです。

ストーリの大部分は忘れてしまったけど、野島ドラマらしく孤独を抱えた人たちの悲しくもどろどろした複雑な人間関係が入り組み、見ている私をとても切ない気持ちにさせてくれるような内容でした。

「まりあ」(鈴木保奈美さん)と、落ちぶれてしまった元天才ピアニストの「士郎」(三上博史さん)そして、「まりあ」を想う財閥の御曹司の「征司」(豊川悦治さん)という孤独な3人の恋愛感情がぶつかりあい、それでお互いを傷つけ合ってしまうというストーリー。

最終回で「まりあ」と御曹司の征司さんの結婚式の日に、披露宴会場から教会へ向かうヘリコプターのヘリポートに士郎が悲しそうな顔をして立ってる姿を見つけた「まりあ」は、征司さんの手を振りほどいて非常用ドアを開け、飛び立ったばかりのヘリコプターから士郎さんのもとに飛び降りてしまう。

最後のシーンは朝靄の中、植物人間状態になって虚ろ目をした「まりあ」の乗った車椅子を押しながら士郎が心の中でこうつぶやくところで終わってます。

(「この世の果て」の関連HPより転載)

まりあ
僕は君を壊してしまった
あるいは僕が壊れてしまったのか

しかし、そうだね
もうそんなことはどうでもいいことなんだ
肝心なのは今、とても静かで穏やかな気持ちだということ

この世界では
もう僕は自意識に苦しむことも
失った何かを取り戻そうと苛立つこともない

まりあ
僕は君を失うことで
君を取り戻したんだ

そしてまりあ
僕は過去の全てを失い
これからの全てを君に差し出すだろう
この僕の全てを

愛しいまりあ
たとえ君の意志や記憶が
永遠に戻ることはなくても…


10何年も前の野島ドラマのセリフは今見ると、ちょっと痛いほどに感傷的過ぎる。

でも、このシーンを見てから私のイメージの中の純愛の姿って、どうしてもこれなんです

意識が永遠に戻らないかもしれない愛しい人にずっと寄り添う姿。

こちらが話し掛けても返事をするわけでもない。こちらの想いは届かない。

それでも寄り添い車椅子を押してる時間は、愛しい人との思い出だけを大切に、

幸せで穏やかな気持ちでいられる。

夢見る頃にこのドラマに心揺り動かされた私は、大人になった今でもあのシーンが強烈に忘れられないです。

14年間も意識が戻らない奥さんにずっと寄り添い、車椅子に乗せて思い出の場所に出かける河野さんの姿は、あのドラマの最後のシーンのような悲しくも美しいラストと重なってしまいます。

河野さんの14年は、とても長く辛い日々だったのかもしれません。時々奥さんと意思が通じる時もあったようです。

そんな時、とても穏やかな顔をされてたのが、いつまでも私の心に残ります。

奥さんのご冥福を祈ります。

▼プニは時々遠くでピカッと光る雷が怖いみたいですcoldsweats01

Photo



そんなプニに「光り物」を置いてみる。
catface

_640 こんな記事書くと、またブログ年齢があがるんだろうなぁ・・sad

ありがとう~♪うれしいです☆★!よろしければ、おひとつ・・ ありがとう~♪うれしいです☆★! ありがとう~♪うれしいです☆★!

|

« 気になるあの人の通信簿。 | トップページ | 北京五輪開会式にひとり突っ込み。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このドラマ見てましたよ!
野島ワールド満載でしたね。
でも、再放送って全然されませんね。
なんでだろう?
ブログ通信簿、再度チャレンジしてみました。
そしたら、一回目の時はブログ年齢17歳だったのに
二回目は47歳になってしまいました。
「時は満ちた…いざ出陣!」なんて言葉を使ったからか?
ちと疑問であります。

投稿: みにゃんこ | 2008年8月 6日 (水) 22時19分

プニたん、最初のお写真って凄い体勢じゃない?w
ちょっと笑ってしまったじゃないのw

純愛…ねぇ…
今、もしダンナが同じようになっても多分一緒にいるだろうなぁ。
純愛ってゆうか結婚すると好きとかって気持ちだけじゃなくなってくるってゆうのかなぁ?
なんかよく分からんけど、ダンナは大切だなw

投稿: あすか | 2008年8月 6日 (水) 22時46分

>みにゃんこさん

みにゃんこさんも見てましたか、あの野島ワールド満載ドラマ?!月9で視聴率も平均23%で結構評判の良い作品だったようだけど、DVD化もされてません。内容どろっどろだったからなあ~
横山みゆきが硫酸かけられたり、三上博史がクスリで廃人になってたりと、かなり濃い内容だったように憶えてます。
DVのはしりのシーンもあったりで、今だとちょっと問題があるからかな??
ブログ年齢って、言葉遣いも採点の要素になるんでしょうね。
でも、ちゃんと人が見て評価してくれるのだったらいいけど、言葉だけを捕まえて採点するのって限界ありありだなぁ~
ちなみに私は34歳まで下がってくれてました。
前の記事の何が悪かったんだろう・・(-""-;)

投稿: やまぷに>みにゃんこさん | 2008年8月 6日 (水) 23時26分

>あすかさん

プニって、時々人間みたいな面白いカッコして笑わせてくれます。前回の口開け動画なんて必見ですd(゚∀゚`*)。
河野さん夫婦の姿って、結婚した夫婦ってみんなあんな感じになっていくのかなぁ。
恋愛感情を超越した愛情って憧れてます。
私も同じ境遇になったら、ずっと寄り添って行けるのかな・・辛そうだけど、それが幸せなのかもしれない。
それより、あすかさんがダンナさんを、そのように大切に想ってるって事、とってもわかりました(*'-^)-☆

投稿: やまぷに>あすかさん | 2008年8月 6日 (水) 23時50分

「この世の果て」ってドラマまったく知りません~★
ドラマがっつり見だしたのは独り暮らししてからなので、一欠けらの記憶も無いです★悔しい!
キャストがイイですね!
とっても見てみたいです!!
どろどろドラマ好きの干物女の為に平日の23時くらいから再放送してくれないかな~?ハイ。無理ですね★
雷凄かったですね。
こっちでもド~ン★バリバリ~★っと鳴りまくりで、ここにゃんもビビってましたよ~(笑)
違う部屋に居たのに私が居る部屋にすっとんで来たのには笑えましたvv

投稿: あにゃん | 2008年8月 7日 (木) 18時49分

>あにゃんさん

「この世の果て」ってどろどろ大好きあにゃんさんの好みに合いそうですよ~
話ほとんど忘れたから、ウイキペディアで見てみたところ・・、▽
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E3%81%AE%E6%9E%9C%E3%81%A6
放火、失明、流産、やくざ、覚せい剤、廃人、硫酸等、暗い話が盛りだくさん。
ラストのシーンの美しさだけを強烈に憶えてただけだったけど、「こんな話だったっけ・・」って思ってしまった。DVD出ないかな・・

投稿: やまぷにあにゃんさん | 2008年8月 8日 (金) 00時08分

先日コメント書いたんだけど、うまく送れなかったのかな?coldsweats01 
ということで、またまた遊びに来たよ。
河野さんの奥様 亡くなられましたね。14年間も介護をしてきたご主人さま尊敬します。愛ですねheart04
イヤな報道をされて辛い思いをした事もありましたよね。

私も結婚してから、主人の事をもっと好きになりましたよconfident 一緒に生活していると いろいろあるけど・・・夫婦の数だけ夫婦の形があるからね。

プ二ちゃんの上の「光り物」かわいいねhappy02

投稿: キラキラ | 2008年8月 9日 (土) 14時48分

>キラキラさん

河野さんって始めは犯人扱いされてるのに、その中でもひたすら奥さんを守ってる姿は、本当に辛かったと思います。今は安らかな時間が訪れて欲しいと思います。
なんか夫婦って、いいなぁなんて思ってしまう。confident
プニの上に置いた光物は、スワロでつくった寝袋に入ったリラックマですhappy01
とってもキラキラしててキレイなんですhappy02
でも、プニにはあまり嬉しくなかったようですcatface

投稿: やまぷに>キラキラさん | 2008年8月 9日 (土) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気になるあの人の通信簿。 | トップページ | 北京五輪開会式にひとり突っ込み。 »