« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月23日 (木)

シルバーウイークといえば・・

シルバーウイークと言う言葉・・・・

なぜか加齢臭を連想してしまうcatface

▼そんなシルバーウイークの風景

Dscf9769 coldsweats02

いえいえ、シルバー加齢臭とは関係ない、これは研修会の模様coldsweats01

永田町で入管取次申請資格のための研修。せまいっ

リクリート・スーツみたいなの着て地下鉄永田町で降りると・・・

なんか、政治家か官僚になった気分だぁねぇhappy01note

Dscf9771

ジャイアント馬場ハポーとかいう昭和らしい名前の研修会場(ジェーンバッハサボー)

研修にかかる費用が12,000円から次回から30,000円に上がるうえに、今までは研修受けると無条件に資格がもらえてたのに、今度からは試験に受からないともらえない・・・その30,000円すら無駄になってしまうというシステムの大変革前だから、駆け込み参加者の多い事多い事・・・・coldsweats02

関東以外からの参加者も多いらしい・・・さすがシステム変更の恐怖のたまもの。

happy01

後ろのテーブルに座った男性書士と女性書士が話してるのが聞こえる。。。

男性が女性にメール交換したいから名刺ちょうだいと持ちかけるが、女性書士にやんわり拒否されてる・・・・

ここでナンパかいっsmile

heart03

実は入管業務についての話聞くのは、まったくこれが初めてなのだなcoldsweats01

新人書士さんは、気が付かないうちに不法入国斡旋ブローカーさんに利用されてしまう事があるようですので、この分野には近づかないようにしようと思ってたのだな・・・coldsweats02

いきなり入国管理局の方の、とても専門的なお話・・・

いままで解らなかった不法入国の人のニュースが、これで解る様になるわ~~入国と上陸が違うこともわかったscissors←私はそんなレベルだね

riceball

お昼には、お弁当が出されました。riceball 小さく区切った仕切りに分けられたお品の数々。とってもかわいかったhappy02・・・写真撮るのを忘れたのが残念。

研修では分厚い法令集やレジュメを頂きました。

入管一つとっても、とても奥が深く、かなりの勉強が必要なんだと言う事を思い知らされる・・・・・

こんな難しい仕事・・・来ないでねcoldsweats01paper

研修は5時頃まで続き、形だけに近い考査を受け修了書をもらって終了。

Dscf9775_640

夕日が綺麗なので、有楽町から新橋までとことこ歩きました。。。

さんまさんのテレビでよく見る、有名な新橋のガード下の酔っ払ったサラリーマンがいる風景を見てみたかったのさ。beer

Dscf9791

この広場にで~んと突拍子の無い機関車。

ここを歩いてるとテレビの報道番組の街頭アンケートで捕まり、

変な顔でカメラに映されそうですkaraoke

ニュースとかで街の声が映し出されるときに、大体、カメラ向けられた何割かの人は

「政権はどこがとっても変わらない・・」とか「だれが首相でも日本は変わらない」みたいな、あきらめた様な事をしたり顔で言ってくれてます。

それって、あんまり好きじゃないんだな・・think 

Dscf9779_640

こういうの見ると、サラリーマンの皆様、本当は日本が大好きって感じがするもんhappy01

ガード下に、昔の映画のポスターが貼られてます・・・・ちょっと昔過ぎだねdrama

Dscf9783_640

ここのバス停・・なにか停まるのかなbus

おまけのミニチュアみたいなお店。

昭和の時代って、みんなこんな感じだったのかな・・何か癒されますね。

Dscf9780_640

で、憧れのガード下。エルサレムにも匹敵する日本の聖地crown

焼き鳥の煙が巡礼のお香のようです。

Dscf9784_640

ここの時間が楽しみで、みなさん頑張って仕事して、

日本と家庭をを支えてきました。。。

なにげに感謝。confident

Dscf9785_640

とっても楽しそう・・ビールも焼き鳥も、もつ煮込みもおいしそーhappy02

しかし、さすがに独りで入る勇気は無かったです・・crying

train

駅前では、ストリートの女の子が唄ってました。

どこか切ないような青臭いようなオリジナルの歌詞。。。

Dscf9792_640

サラリーマンの皆様が、立ち止まって聴き入ってました。

たとえ日本が景気が悪くても、将来年金や財政が不安でも、中国にいじめられても、

こういうのに立ち止まる気持ちのゆとりを持った大人って、

好きだし大事にしなきゃね。

加齢し・・・なんていってごめんなさいっ・・・。。。。。華麗集catface

| | コメント (2)

2010年9月 5日 (日)

書士会のナイトクルーズ

coldsweats01 9月に入ったのに暑すぎますね・・・今年の夏ってほんとに終わるのかしらdespair

もし、日本がこれから毎年、ボルネオやパプアニューギニアのような熱帯国になってしまうのなら、私も日本人である事を考えちゃいますね・・・・wobbly

今度、入管申請取次ぎの研修があるから、日本人辞める勉強でもしようかな。。

ノルウェーとかフィンランドとかの北欧の人になろう・・・北欧・・なんて、涼しそうな響き・・・

アラスカ人でも別にいいや・・coldsweats01

あ・シベリアはダメね!ロシア山火事でさらに暑そうだし・・・

~~(∥゜∀°) ~

とにかく、この暑すぎる状況を脱出したいっsad

で、このブログの更新もばてばてなのですが、ちょっと涼しくなるイベントの記事を・・
Dscf9663_640

happy018月の終わりに書士会の主催で行われた「横浜工場夜景ナイトクルーズ」に参加してきました。

これは、横浜山下公園、氷川丸隣のマリーンシャトル発着場から出航して、京浜や鶴見の工場地帯の夜景を船から見学しましょうという粋なものhappy01

オカルト好きな私には、たまんない企画だ ←それ違うと思う・σ◎◎¬

Dscf9664_640

confident7時半に出航の予定。

ちょっと早めに山下公園に着いたので、しばらくベンチに座って、みなとみらいの景色を眺めてました。

日本海側wave裏日本生まれの私にとっては、何気ない普通の景色がまるで絵葉書!

毎日がテーマパークのようですねcoldsweats02

Dscf9665_640

氷川丸の桟橋にある船着場。私の乗るクルーズ船はどれhappy01

パーティが出来るホテルのフロアみたいな船内が窓から覗ける、クルーザーを大きくしたような形のセレブ感あふれるこの船かしら?←マリンシャトルの事です。

それともルーフがガラス張りで、冷房が効いてそうな船内で港の夜景を楽しめそうな近代的な形の船?←いえいえ、それシーバスの事です・・・

happy01

その大きな二つの船に挟まれた、目的のナイトクルーズの船は・・・・

桟橋に泊ってるのに湾内の小さな波にも大きく揺れてて、客席は吹き抜けになって冷房が効くとはとても思えない・・・まるで三崎の城ヶ島遊覧船shipのような小さな船でしたcoldsweats01 down

なので出航と同時に、揺れる事を覚悟で風が当たる船首に移動しましたcoldsweats01

以下、揺れる船首での夜景の写真は無理なので、全部動画で紹介いたします。

長いけど、お付き合いくださいねbleah

 


8月31日横浜出航 桟橋から出航するときの様子です。

船首はやはりゆれるけど、ちょっと暖かい海風が心地よかったです。

大黒大橋の下をくぐるときに併走する屋台船と、すれ違うマリンシャトルの灯りを楽しめます。

クルーズには専属のガイドさん(お笑い芸人らしいです)が、見える景色の説明をしてくれます。この仕事は船が弱い人には勤まりませんねcatfacesweat02


happy01さて、ここからが目的の工場夜景です。本牧や京浜の工場の夜景の綺麗さは前から私も気になってました。

湾岸道路や根岸のカウンターバーから見える工場の夜景は、まるで星空か宝石で出来たタワーのようにキラキラ輝いてて綺麗なのです。

どうして、こんなに綺麗に無数のライトでライトアップしてくれるのか気になってました。

無粋で無機質な工場の景色を、見る人に少しでも癒しの気持ちを与えたいという暖かい配慮なのかしら・・・って。

まぁ多分、実は夜間労働者の労災上の安全保安義務からの配慮でしょうけどcoldsweats01

ship

船が方向を変えるときは長一声の汽笛を鳴らして合図します。

その度に船は狭い運河の中に入っていき、まるで光のジャングルの中を進んでいくようです。

Dscf9667_640

鶴見あたりの工場地帯運河を抜け、船はいよいよ光の洪水のような横浜港に戻ります。
船は風に向かっているようで、ちょっと揺れが大きくなってきました。
動画をずっと見ていると、私と同じ船酔いの気分が味わえるかもしれませんcoldsweats01

大きな客船が停泊している大桟橋とみなとみらいの間に船は入ってきます。
巨大な観覧車やレンガ倉庫を海から見た夜景を楽しめます。

陸から見た景色しか知らないけど、海から見ると壮大な景色です。北陸の田舎の親にも見せてあげたいconfident

船は旋回し、ブルーのライトアップが美しい大桟橋の先端を超えて、山下公園のシーバス桟橋に向かいます。
みなとみらいから比べると山下公園あたりはちょっと暗く見えますが、元々、横浜はここあたりが主役でした。

長い間、赤と白のツートンで彩られたマリンタワーは、今は銀色に彩色されてます。
新しいです!光があたると、ガンダムみたいですwrench

Dscf9676_640

船は無事に桟橋に着くと、書士会の皆様は、なぜかクモの子散らすように早々にいなくなってしまいました。

ちょっと同士で食事でも、って感じでもなかったな・・・ちょっと寂しいweep

私は、氷川丸の見えるベンチで出航前にもらった助六寿司を頂きました。

時間は9時過ぎ、出航前は大勢いた山下公園の人影は、ぱらぱらまばらになってしまいました。。。かなり寂しいcrying

それでも遠くに見えるみなとみらいは、まだまだ賑やかにイルミネーションが点滅してます。

「もう・・・今年の夏も終わりかな・・」ってweep

いやいや、こんなに暑い夏はもういいっwobbly

なにか、寂しがり屋の私に季節が気を遣ってくれてるようだけど、

・・・・もう夏は結構ですっcoldsweats01

| | コメント (4)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »